シミを落として、輝く美白肌|シミの原因と対策、治療の全て

シミは肌を『老けて』『汚く』『不健康』に見せます

シミの無い美白肌を手に入れたい。

「シミがあるせいで老けて見られる」
「出来てしまったシミが全然消えない」
「人前ですっぴんを晒すのが怖い」

シミは年齢を感じさせる肌トラブルです。
いくつになっても美しく若々しい女性は、どなたもシミの無い美白肌をキープしています。

シミの無い美しい肌は、その人の印象をグッと華やかにします。
たとえ、目が小さくても、ぽっちゃりしていても、触りたくなるような美しい肌は、自然と男性を惹きつけます。
当サイトでは、そんな"美の根本"ともいえる美白肌の天敵である『シミ』の原因や対策、治療法などを紹介します。

シミの原因について

シミの原因は紫外線だけではありません。

シミの原因には、肌にある『メラニン色素』が大きく関わっています。
メラニン色素とは、紫外線などの刺激かを吸収する事によって、私たちの身体を守っている色素の事です。
メラニン色素が無いと、肌は真っ白になりますが、たとえ短時間でも紫外線に当たると、簡単に日焼けや皮膚がんを起こしてしまいます。

私たちの身体には決して無くてはならないメラニン色素ですが、何らかの刺激によって過剰分泌されてしまい、皮膚の表面に色素が沈着する事を原因として、シミが生まれるのです。
メラニン色素が過剰分泌される要因は、紫外線の刺激だけではありません。シミの原因は、私たちの生活の様々な所に潜んでいるのです。

シミを引き起こす6つの原因

シミを消す方法について

自宅で出来るシミ対策

シミ対策として、多くの人が真っ先に思いつくのは紫外線対策かと思います。
ですが、決してシミ対策=紫外線対策というわけではありません。
シミの対策は、保湿や洗顔、食べ物などから総合的に行う必要があります。
正しい対策とそのやり方を学んで、シミを撃退しましょう。

シミ対策について

病院でシミを治療する

皮膚科や美容外科では、シミを消すための治療を行っています。
有名なものとしては『レーザー治療』がありますが、即効性がある代わりにダウンタイムやシミを悪化させるリスクもあります。
その他の治療として、『フォトフェイシャル』や『ケミカルピーリング』などもありますが、こちらはレーザーよりも安全性が高い代わりに効果の面で劣ります。
それぞれの治療法のメリット・デメリットを見極めて、自分に適したシミ治療を選びましょう。

病院でのシミ治療について

また、病院で薬が処方されて、処方された薬を自宅で使ってシミを治療していくという治療法もあります。
それが『トレチノイン・ハイドロキノン療法』です。

シミを消す『トレチノイン・ハイドロキノン療法』とは?

通院せずに自宅で出来るシミ治療

『トレチノイン・ハイドロキノン療法』は、クリーム薬をシミに塗る事で徐々にシミを薄くしていく治療法です。

クリーム薬を毎日シミに塗る事で、数日ほどでポロポロと皮膚が剥がれてきます。
トレチノインという薬の持っているピーリング作用によって、余分な角質が剥がれ落ちている状態です。
余分な角質が剥がれる事で、皮膚の代謝がスムーズになり、シミが消えるスピードを急速に早めます。
また、ハイドロキノンという薬の持っているメラニン抑制効果によって、シミの原因となるメラニンの働きを抑えます。

トレチノンとハイドロキノンは、通販を利用すれば病院に行かなくても購入ができるので、唯一の自宅で出来るシミ治療であると言えます。

トレチノイン・ハイドロキノン療法について

トップに戻る

シミカテゴリーメニュー

ホームに戻る