ケミカルピーリングがシミに働く3つの効果|費用と自宅でのケア

皮膚科のケミカルピーリングでシミを解消

ケミカルピーリングがシミに働く3つの効果

皮膚科や美容外科では、シミの治療として、ケミカルピーリングも行っています。
ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を用いたピーリングの事です。ピーリング剤を塗る事で、皮膚の一番外側の角質層を溶かし、汚れや老廃物、余分な角質などを落とします。
ケミカルピーリングには、シミに対して以下の3つの効果が期待できます。

1.古い角質と共にシミを排出

シミの解消には、肌の代謝である『ターンオーバー』が欠かせません。
シミが出来てしまった皮膚も、ターンオーバーを繰り返す事で徐々に古くなって剥がれていき、新しい綺麗な皮膚に生まれ変わるのです。

ターンオーバーが加齢や乾燥などの要因によって衰えてしまうと、古い角質が肌の上にいつまで残ってしまうことになり、シミも残り続けます。
ケミカルピーリングによって、古い角質を溶かしてターンオーバーを促してあげる事で、シミの解消を早める事ができます。

2.固くなった皮膚をほぐして保湿力を高める

皮膚のターンオーバーは乾燥すると、滞ってしまいます、シミの解消には肌の保湿は欠かせません。
古い角質が積み重なった状態の皮膚はどんどん固くなっていき、皮膚の保水力が下がる上に化粧水も浸透しにくくなります。

ケミカルピーリングによって、角質を柔らかくしてあげる事で、化粧水の浸透力と肌の保水力を高め、シミが解消されやすい肌環境が整います。

3.ニキビを予防して色素沈着によるシミを防ぐ

ケミカルピーリングはもともとニキビの予防で用いられている美容法です。
ニキビの素となる皮脂や汚れを落とす事で、ニキビの発生を防ぎます。

ニキビの予防をすることは、ニキビ跡にできる色素沈着によるシミを予防する事にもつながります。
色素沈着のシミは、ニキビの炎症で肌が弱っているぶん治りにくいため、油断は禁物です。

ケミカルピーリングによるシミ治療の費用は?

ケミカルピーリングを皮膚科や美容外科で受けた場合の施術料の相場は、大体1~2万円程度です。
シミ治療においてケミカルピーリングは保険適用されませんので、少し割高になります。

何回か通う事になると思いますので、その度に費用はかかります。
費用は店によって違いが大きいので、事前に確認をしましょう。

自宅でのケミカルピーリングでシミをケア

市販のピーリング剤ではシミを消すのは難しい…。

ケミカルピーリングによるシミケアは、自宅で行う事も可能です。
ピーリング剤は市販もされており、ドラッグストアで気軽に購入する事ができます。

しかし、医療機関のケミカルピーリングで取り扱っているピーリング剤と、市販のピーリング剤とでは、薬の強さが全然違います。
医療機関で使われているものの方が効果が高く、シミのケアにも十分な効果が期待できます。しかし、効果が高い分、刺激も強いため市販はできないのです。

逆に安全性が高い市販のピーリング剤ですが、その分効果も抑えられているため、シミの解消にはかなり時間がかかります。

自宅でも高いピーリング効果を得るには?

自宅に居ながら医療機関でのケミカルピーリングのような高い効果を得たいという人には、医薬品のクリームによるピーリングがおススメです。
ピーリング剤ではありませんが、ターンオーバーを爆発的に促進させて、古くなった角質を剥がすケミカルピーリングと同じ効果が得られるお薬です。
シミのある皮膚の上にクリームを塗る事で、2~3日程で角質がポロポロと剥がれてきます。

薬品名は『トレチノイン』です。皮膚科で処方されるお薬ですが、通販を利用すれば自宅で購入できます。

また、シミを一刻も早く消したいという人には、美白効果のある『ハイドロキノン』という薬の併用がおススメです。
トレチノインとハイドロキノンを掛け合わせた治療法は、非常に効果が高く、医療機関のシミ治療でも積極的に行われています。

トレチノイン・ハイドロキノン療法について

 >   >  ケミカルピーリング
トップに戻る

シミの治療メニュー

ホームに戻る