シミを引き起こす6つの原因について|原因ごとの対策と治療法

シミを引き起こす6つの原因

「こんなところにシミ!どうして?原因は!?」

いつの間にか現れ、女性の美と心に暗い影を落とすシミ。
シミは、過剰に分泌されたメラニン色素が皮膚に沈着してしまう事を原因として発生します。
メラニン色素の過剰分泌が起きる原因は様々であり、生活の中の至る所にシミの原因が潜んでいると言えます。

あなたのシミの原因を知り、それに見合った対策をする必要があります。
今回はシミを引き起こす6つの原因を紹介します。

1.紫外線

シミの原因として代表的とされているのが、絶え間なく空から降り注いでいる紫外線です。
紫外線を原因として引き起こされるシミは、早い人だと20代からでも老化と共に現れます。
最初は薄くても、徐々に濃く、くっきりとしたシミになっていく特徴があります。

紫外線を原因とするシミについて

2.肝斑

シミの中でも消えにくく厄介なのが、肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミです。
肝斑は、他の原因で起きるシミと違って、女性ホルモンの乱れを原因として発症するものであると考えられています。 そのため、シミの中でも異質であり、治療方法も異なります。
シミが発生したら、まずは肝斑であるかどうかを見極める必要があります。

肝斑とシミの違いについて

3.ニキビ

ニキビを原因として発症するシミは、ニキビ跡のシミがいつまでも消えないという状態のことです。
ニキビが消えたのはもう一年以上前なのに、シミが全然消えないという事もよくあります。
原因には、皮膚が炎症を起こして弱まっていることによる代謝の滞りと、紫外線が患部にあたってしまう事などが関わっています。

ニキビを原因とするシミについて

4.タバコ

喫煙を原因として、シミが発生してしまうこともあります。長年の喫煙は、シミだけでなく、しわやくすみを発生させ、顔を老化させます。
このように喫煙を原因として老化が進んでしまっている顔の事は「タバコ顔」と呼ばれます。
喫煙によってシミが増えてしまうのには、タバコの持つ3つの原因が関わっています。

タバコを原因とするシミについて

5.やけど

やけどを原因としてシミが残ってしまった場合、やけどをした場所や範囲によっては深刻になります。
女性の場合では、髪を巻くアイロンで顔にやけどをしてしまう事が多く、注意が必要です。
シミを残さないためにも、やけどをした直後のケアが大切です。

やけどを原因とするシミについて

6.虫刺され

虫刺されを原因とするシミは、刺されやすい脚に集中する事が多くなります。
虫刺され跡の多い脚は、非常に汚く見えてしまうため、生足を出したファッションがしにくくなります。
もし、寝ている間に脚に虫刺され跡が増えているようでしたら、ダニやノミが布団で繁殖している事が考えられますので、新しい物に替えて、部屋を徹底的に掃除しましょう。
また、虫刺されを原因としてシミができてしまうのには、痒くて掻いてしまう事が大きく関わっています。

虫刺されを原因とするシミについて

 >  シミの原因
トップに戻る

シミの原因メニュー

ホームに戻る