肝斑とシミの違いは?見た目・原因・治療法の違いについて

そのシミの原因、もしかしたら肝斑かも?肝斑とシミの違い

肝斑とシミとでは原因も治療法も違います。

「治療を受けてもシミが全然改善されない…もしかして肝斑かも?」

シミの中には『肝斑』と呼ばれるものがあります。
肝斑は、30~40代の女性に発生することが多く、大変消えにくい事もあり、厄介なシミであると言われています。
肝斑は普通のシミと似たような症状を持ちますが、その原因や治療法は全く違います。

以上の事から、普通のシミだと思って治療をしても、全く改善されないという事もあります。
まずは自分のシミを見極めるために、肝斑とシミの違いを学びましょう。

肝斑とシミの見た目の違い

普通のシミと肝斑には、外見上のわかりやすい違いがあります。
肝斑とシミそれぞれの特徴を見比べてみましょう。

肝斑の特徴

普通のシミの特徴

普通のシミと違い、肝斑には一定の規則性をもって現れるという特徴があります。

肝斑とシミの原因の違い

一般的にシミと呼ばれるものは、紫外線に長年当たり続ける事によって発生するものであり、正式には『老人性色素班』や『日光黒子』といいます。
紫外線に当たる事によって、過剰分泌されたメラニン色素が色素沈着を起こす事で、シミになるのです。

肝斑はそれとは違い、紫外線の影響とは関係なく発生します。肝斑の発生には、女性ホルモンが関わっていると考えられています。
肝斑が発生しやすい30~40代というのは、女性ホルモンが崩れやすい時期になります。
女性ホルモンが崩れることで、メラニン色素を生成するメラノサイトのコントロールが乱れてしまいます。
それによって、メラニン色素が過剰分泌され、普通のシミと同様に色素沈着を起こしてしまうのです。

肝斑とシミでは治療法も違います。

「肝斑の治療で使われる薬」と「シミの治療で使われる薬」の違い

普通のシミと肝斑とでは、シミを薄くするための治療法に違いがあります。
治療法の中でも特に違うところは、普通のシミと違い、肝斑の治療は飲み薬でも行えるという点です。

肝斑の飲み薬として『トランシーノ』というお薬があります。
メラニンの合成を阻害する働きによって、肝斑によるシミを薄くするというお薬です。
このお薬の効果・効能は「肝斑に限る」とされており、紫外線の影響でできる普通のシミには効果・安全性が立証されていません。

普通のシミに使われるお薬は、『トレチノイン』と『ハイドロキノン』という塗り薬です。
爆発的に肌の新陳代謝を高める作用と、シミを漂白する作用によって高い治療効果が得られます。

 >   >  肝斑
トップに戻る

シミの原因メニュー

ホームに戻る