ニキビ跡のシミが消えない!ニキビもシミも解消する為の3つの約束

ニキビは消えても消えないシミ

ニキビ跡に残るシミはとてもしつこい。
「シミが残るニキビ」と「残らないニキビ」とは?

ニキビの跡にいつまで経っても、残り続けるシミ。
「このシミ、ニキビできたの半年以上前なのになんでまだ消えないの!?」
などといった悲痛な叫びも、よく耳にします。

ニキビには、シミが残る時と、ほとんど跡が残らない時があると思います。
「シミが残るニキビ」と「シミの残らないニキビ」の二つを分けている要因は、主に以下の二つです。

1.ニキビの酷さ
2.ニキビの出来る場所

1のニキビの酷さには、ニキビの進行状況やニキビが潰れたか否か?などが関わってきます。
ニキビには段階があり、はっきりとポツっとした突起が確認できる、いわゆる「黄色ニキビ」の状態にまで進行してしまうとシミが残りやすくなります。
また、ニキビを早く治そうと思うあまり潰してしまう事も、皮膚にダメージを与えるリスクが高く、結果的にシミが残る事が多くなります。

2のニキビの出来る場所ですが、特に注意していただきたいのが、『ほっぺた』です。
ほっぺたは皮脂が少なく、基本的にはニキビが発生しにくいのですが、ひとたびできると非常に悪化しやすく、シミが残る確率も高くなります。
また、横向きに寝ている時にニキビを潰してしまう事もあり、シミどころかクレーターを残してしまう事にもなりかねません。

ニキビ跡のシミは色素沈着が原因です。

では、どうしてニキビ跡にシミが残ってしまうのでしょうか?

シミの原因は、ニキビの影響によって発生した『メラニン』が肌の表面に留まってを起こしてしまう事にあります。
メラニンは、紫外線やニキビなどの外部からの刺激が、肌の奥にまで届かないようにブロックする働きのある肌の防衛機能です。
肌を守ってくれるのはいいのですが、メラニンには色素がある為、過剰に分泌されると、その色素が肌に付いてしまう事でシミになるのです。

このメラニン色素が肌に沈着して、シミをつくってしまう現象の事を『色素沈着』と呼びます。

ニキビ跡のシミ対策に欠かせない3つの約束

シミもニキビも作らない&素早く解消しましょう。

ニキビ跡のシミは肌のターンオーバー(代謝)により、徐々に薄くなって消えていきます。
しかし、ニキビの深刻さによっては、一年以上経っても目立つシミが消えないという事もあります。

ニキビ跡のシミを作らない&早く解消するために守ってほしい3つの約束を紹介します。

1.ニキビを潰さない

先述もしましたが、シミを作らない為にもニキビを潰すのはNGです。
ニキビを潰すことは、肌に傷を作る事になります。
特に、指で押し出すようにニキビを潰すと、肌に圧力がかかり、傷口が広く開いてしまいがちになります。

また、指に付着したばい菌が傷口から侵入して、再びニキビが形成されてしまう事もあります。
このようにして、一か所のニキビが長引いてしまうと、シミが残りやすくなってしまうのです。

2.洗顔の後の保湿は素早く行う

シミを作らない為にも、ニキビを繰り返さない事が大切です。
洗顔と保湿は、ニキビを予防するにあたって欠かせないスキンケアです。
ここで注意が必要なのは、洗顔の後の保湿をすぐに行う事です。

洗顔後は、肌表面の皮脂が洗い流されて非常に無防備でデリケートな状態になります。
肌が水分でしっとりしているうちに保湿を行う事は、ニキビひいてはシミの予防に欠かせません。

3.ニキビを一刻も早く治す

ニキビが長引くと、その分だけ肌にメラニン色素が定着しやすくなり、シミも残りやすくなります。
ニキビを早く治す事が、シミを作らない事においては最も大切なのです。

とは言え、基本的にニキビやシミを治すのは、古い肌から新しい肌への貼り変わり、つまりターンオーバーを待つしかありません。
規則的な生活と良質な睡眠を保つ事で、ターンオーバーは滞る事なく繰り返されますが、欲を言えばターンオーバーを加速させる事が望ましいです。

ターンオーバーを加速させる方法としては『トレチノイン』による治療が挙げられます。
トレチノインは、ターンオーバーを加速させる作用によって、ニキビやシミを素早く解消する効果の高いお薬です。

病院のニキビ治療で使われているお薬ですが、通販で購入も出来ますので、病院に行く事には抵抗がある人でも気軽に購入いただけます。

 >   >  ニキビ
トップに戻る

シミの原因メニュー

ホームに戻る