シミと紫外線の関係と対策|加齢と共に現れるシミは紫外線のせい

シミの一番の原因は紫外線

紫外線によるシミは加齢と共に現れます。

「三十代くらいから徐々にシミが増えてきた…」

若いころにスポーツをやっていて、よく日焼けをしたという人は、歳をとってからシミで苦労する事が多い傾向にあります。
そのシミの原因は、日焼けそのものではなく『紫外線』にあります。

紫外線とは、太陽から常に放たれている、目に見えない光線です。
紫外線によって、発生するシミのことは『老人性色素斑』と呼ばれており、シミの原因としては最も一般的なものになります。

長年にわたって紫外線を浴び続ける事で、30代くらいから薄茶色でハッキリとしたシミが姿を現します。
ではなぜ紫外線を浴びる事でシミができてしまうのでしょうか?

紫外線でシミが出来るメカニズムとは?

紫外線はもともと人体にとって有害であり、直接浴びる事で細胞がダメージを受けます。
シミの発生には、紫外線からのダメージを防ぐために皮膚から排出される『メラニン色素』が深く関わっています。

メラニン色素は、紫外線が肌の奥の細胞にまで届くのをブロックする役割があり、紫外線を浴びる事で多く分泌されます。
ただし、このメラニン色素には"色素"があるため、多く分泌されると、その部分の色が変わってしまい、シミになるのです。日焼けによって、皮膚が黒くなるのも同じ原理です。

通常ならば、皮膚の新陳代謝によって、シミのない新しい皮膚に生まれ変わります。
しかし、加齢によって皮膚の新陳代謝の機能が衰えていたり、長年浴びてきた紫外線のダメージが蓄積される事によって、消えにくいシミになってしまうのです。

紫外線で出来るシミを予防&解消する3つの方法

日焼けをしなくても紫外線はシミを作っています。

シミに悩まされない為にも、日々の紫外線ケアは欠かせません。
また、できてしまったシミも諦めずにケアをして解消しましょう。
シミを予防&解消するための5つの方法を紹介します。

1.冬でも曇りでも紫外線対策

紫外線は「夏の日差しの強い日だけ対策をすればいい」というものではありません。
たとえ、冬の曇りの日であっても紫外線対策は必要です。

快晴の日と比べて、曇りの日では60%程度の紫外線量であるとは言われていますが、シミの発生を促すのには十分な量です。
特に9時~14時までの間は紫外線量が多くなりますので、日傘やクリームで十分な対策をしましょう。

2.サングラスの着用

意外に思うかもしれませんが、目に紫外線が入るだけでもシミの発生に繋がります。
目から紫外線を吸収する事で、紫外線から身を守るために、脳がメラニン色素の分泌を全身に対して指令してしまいます。
シミを作り出している張本人であるメラニン色素が分泌されれば、当然、シミが出来やすくなってしまうのです。

目からの紫外線の吸収を阻止するために、UVカット効果のあるサングラスを着用をしましょう。

3.シミを治療で消す

長年紫外線を浴び続けた事によって発生したシミは、解消するのに治療が必須になる事が多いでしょう。
治療は皮膚科や美容外科で受けられます。 主な治療法としては、以下が挙げられます。

このうち『トレチノイン・ハイドロキノン療法』は、クリームさえ通販で購入すれば自宅でも治療が行える為、病院での治療に抵抗がある人にはおススメです。

 >   >  紫外線
トップに戻る

シミの原因メニュー

ホームに戻る